大阪大学人間科学研究科 生涯教育学研究室 Lifelong Education Lab, School of Human Sciences, Osaka University

shokyo.exblog.jp
ブログトップ

【紹介】12/11(金)「障害のある女性」CEDAW部会での成果報告会

イベントのご紹介です。

Here's information about the event conducted by the NPO which stands up for the rights of women with disabilities.


『障害女性がジュネーブに飛んだ!
~女性差別撤廃委員会 ロビーイング活動報告会~ in京都・神戸』

主催:DPI女性障害者ネットワーク
①日時:2015年12月11日(金)13:00~15:00
  場所:「ハートピア京都」 第5会議室(アクセスはこちら
日時:2015年12月11日(金)18:30~20:30
  場所:神戸市勤労会館 407号会議室(アクセスはこちら

今年7月にジュネーブで行われた国連・女性差別撤廃委員会(CEDAW)作業部会での、ロビーイング活動の成果報告会です。
障害を持つ女性当事者の方ご自身がロビーイング活動に参加し、発言された結果、
日本政府に対する課題リストに、4項目、障害女性についての記述が含まれることとなったそうです。
事前参加申し込み不要、参加費不要、京都・神戸の2ヶ所で行われますので、ふるってご参加ください。
情報アクセス保障(手話通訳・PCテイク・電子データ・点字など)のニーズをお持ちの方は、各会場のお問い合わせ先・担当までお早めにご相談ください。↓
〔京都〕http://www.kyo-psw.org/pswkaiin/media/1/20151211dpihokoku.pdf
〔神戸〕http://dpiwomennet.choumusubi.com/20151211_kobe.txt

On December 11th Disabled Peoples' International(DPI) Women’s Network Japan will hold the reporting session, in which they’ll report the result of the lobbying activities at the sectional meeting of the United Nations CEDAW conducted in Geneva this July.

In Geneva some women with disabilities participated in the activities from Japan and made a speech themselves. As a result, 4 items regarding disabilities could be included to the list of tasks, which required the Japanese government to address for women’s rights.

This reporting session will be held in Kyoto and Kobe. There's no fee to participate, and no appointment is necessary. I hope you will attend!

If you need some special means for information access, for example, sign language, braille, electronic deta or note taking on PC, please inquire of the person in charge at each venue, Kyoto and Kobe.


~~~以下、主催「DPI女性障害者ネットワーク」さんによる挨拶文と、プログラムの詳細です。~~~

「障害のある女性」が複合的な差別を受けていることに、ようやく光が当たり始めました。京都府では「障害のある女性」に初めて言及した条例が今年4月から施行されています。

複合差別をなくすためには、「女性の人権」問題としても取り組む必要があります。7月にジュネーブで、国連の女性差別撤廃委員会が日本政府(1985年に条約を批准)の「課題リスト」(=女性差別をなくすために取り組むべきことの一覧)を検討するための作業部会が開かれ、そこでNGO(当事者団体等)がロビーイングをする機会がありました。

私たちDPI女性障害者ネットワークは、ロビーイングの場に女性障害者を派遣することにしました。なぜなら、日本政府の課題リストの中に「障害のある女性」の課題を入れてもらうよう、国連の委員などにもアピールすることができるからです。

多くの方々の支援を受けて、日本から参加した女性障害当事者は、ロビーイングの場でしっかり発言し、課題リストに4項目も障害女性のことが含まれるという大きな成果がありました。今回の活動を皆さまと分かちあうために、活動報告をさせていただきます。


<京都・プログラム>

ー あいさつ  香田晴子(日本自立生活センター)

ー 「なぜDPI女性障害者ネットワークは国際ロビーイング活動に派遣を決めたのか?」

7月ジュネーブ、性差別撤廃委員会 ロビーイング活動の報告」   藤原久美子  浜島恭子

ー 「20162月 国際ロビーイング派遣 活動アピール」  村田恵子(京都頸髄損傷者連絡会)


<神戸・プログラム>

ー 「なぜDPI女性障害者ネットワークは国際ロビーイング活動に派遣を決めたのか?」

  「7月ジュネーブ、CEDAWロビーイング活動の報告」  藤原久美子  浜島恭子

ー 「20162月 国際ロビーイング派遣 活動アピール」  野橋順子(生活支援研究会)


[PR]
# by shokyo_osakaUniv | 2015-12-03 18:56

「ジェンダー・トラブル」読書会/reading session "Gender Trouble"

d0351039_13283390.jpg

生涯教育学研究室では、学生たちで集まって定期的に「読書会」を開いています。

普段自分たちがしている研究の理論的な背景を知るべく、過去の偉大な哲学者・社会学者による名著を、皆で読み解いていく企画です。
時に難解な内容もありますが、協力し合い、議論を交わしながら取り組んでいます。

今年度1学期は、ジュディス・バトラー『ジェンダー・トラブル』を扱いました。
お隣の教育人間学研究室にも関心を持っておられる方が多く、合同での開催となりました。

At our lab we regularly hold reading sessions.

We select significant publications written by great sociologists or philosophers, and read them for questing the theoretical background of our researches.
Although they are sometimes difficult, we discuss and help each other to understand.

This semester we read "Gender Trouble: Feminism and the Subversion of Identity" written by Judith Butler.
Some students who belong to our next-door lab, graduate program in Anthropology of Education, were also interested in Butler, so we got together this time.



[PR]
# by shokyo_osakaUniv | 2015-07-09 23:27

ブログ開設/Introduction

d0351039_12181079.jpg

こちらは、大阪大学大学院 人間科学研究科 生涯教育学研究室 のブログです。

私たちのホームページは、http://lifelong.hus.osaka-u.ac.jp/
こちらから、日本語と英語の2ヶ国語でご覧いただけます。

大阪大学人間科学研究科/人間科学部の公式ホームページは、http://www.hus.osaka-u.ac.jp/ja で閲覧可能です。

よろしくお願いいたします。

This weblog is made by Graduate Program in Lifelong Eduaction, School of Human Sciences, Osaka University.

Please click here http://lifelong.hus.osaka-u.ac.jp/ for access to our website.
You can see it in two languages, English and Japanese.

And here http://www.hus.osaka-u.ac.jp/ja you can see the official information of School of Human Sciences, Osaka University.



[PR]
# by shokyo_osakaUniv | 2015-07-05 23:16